本気でネット出会い評価サイト

トップ>出会い関連news

■出会い関連news■

出会い関連のニュースを抜粋

最新news

2009/2/26 サイバー犯罪過去最多 出会い系サイト規制法違反は3倍の急増
昨年1年間に全国の警察が摘発したインターネットやコンピューターの不正利用などによるサイバー犯罪の件数は前年比15・5%増の6321件で、統計のある平成12年以降最多だったことが25日、警察庁のまとめで分かった。16年の2081件から4年で3倍の急増となった。

 まとめによると、児童が被害に遭いやすい犯罪として取り締まりを強化した出会い系サイト規制法違反が、前年比で3倍の367件と大幅に増えた。18歳未満の児童といかがわしい行為をするなどした青少年保護育成条例違反も前年比90%増の437件に上った。

※改正出会い規制法後の検挙数が気になります。

2009/2/24 出会い系サイトでの誘引容疑
安佐南、庄原両署は23日、出会い系サイトの掲示板に交際などを誘う書き込みをしたとして、広島市安佐南区と庄原市のいずれも高校1年の男子(16)を出会い系サイト規制法違反(誘引の禁止)の疑いで書類送検したと発表した。18歳未満に同罪を適用したのは広島県内初という。

 調べでは、安佐南区の高校生は昨年10月15日夜、自宅から携帯電話で出会い系サイトの掲示板に、みだらな行為をする相手を求める書き込みをし、庄原市の高校生は9月5日夜、同様に別サイトの掲示板に「お金が無くて困っています。なんでもします」などと書き込んだ疑い。年齢も明かしていた。

 県警によると、2人は違法と知っていたが興味本位だったという。書き込みへの返信はなく、有害情報窓口機関からの通報で発覚した。同法は、18歳未満の児童を交際などの対象とする書き込みを禁止している。

※18歳未満も書き込めば捕まるという例ですね。

2009/2/20 元勤務先サーバから盗んだメアドなど18万件、業者に渡した男逮捕
元勤務先のサーバに不正にアクセスし、顧客企業6社の保有するメールアドレスなど18万件の個人情報を入手・流出させたとして、東京都多摩市の28歳無職男を、不正アクセス禁止法違反の疑いで逮捕。入手したメールアドレスは、出会い系サイト運営業者に渡していたという。

男は2008年10月14日、東京都新宿区のインターネットカフェから、元勤務先の管理するサーバに不正アクセス。同社の顧客企業6社が保有するメールアドレスなど約18万件の個人情報をダウンロードして入手した疑い。

入手したメールアドレスなどは、出会い系サイト運営業者に渡したという。2月3日、不正アクセス禁止法違反の疑いで男を逮捕。

一度流れたメアドはどんどん転売され迷惑メールが止む事はないんでしょう…。これがメインメールなら痛すぎます。

2009/2/20 出会い系サイトを利用、ホテルで女性から現金強盗の24歳男逮捕
出会い系サイトで知り合った女性をホテルに連れ込み、現金を奪った上暴行したとして、東京都江東区の自営業の24歳男を、強盗強姦の疑いで逮捕した。男は容疑を認めている。

男は2009年1月12日、出会い系サイトで知り合った東京都内の20代の女性と待ち合わせし、言葉巧みに東京都台東区のホテルに連れ込んだ。

ホテルの部屋で、女性をベッドに突き倒して殴打。あらかじめ準備してきたビニールテープで手を縛り、アイマスクで目隠した上、現金5万円などを奪った疑い。暴行も加えた。

※…酷い男です。捕まって良かった…。

2009/2/19 ※ネット関連事件、プロフなど「非出会い系」にシフト
自己紹介の「プロフ」など出会い系でないサイトを利用し、わいせつや児童買春事件などの被害者となった18歳未満の男女は昨年1年間に792人(994件)で、出会い系が絡む事件の724人を上回った

出会い系サイト運営業者への取り締まりが強化される中、法規制のない「非出会い系」に犯罪の舞台がシフトした可能性が高い。

 「非出会い系」サイトを利用して、児童・生徒らが昨年中に巻き込まれた事件を罪種別にみると、わいせつなどの青少年保護育成条例違反が545人(648件)、児童買春・ポルノ禁止法違反が204人(299件)、強姦(ごうかん)15人(17件)、殺人未遂2人(2件)だった。

※今後増えて行くでしょう…SNSはどうなるんでしょうか?

2009/2/17 ※出会い系運営のクロノス"承諾のない"広告メールで法改正後初の行政処分
経済産業省は17日、出会い系サイトを運営するクロノスに対し、特定商取引法違反(事前承諾をしていない者に対する電子メール広告提供)で、業務改善を指示した。特定商取引法(特商法)は2008年に改正された際、送信先の事前の承諾を得ていなければ広告宣伝メールを送信できないとする「オプトイン規制」を導入。今回は同法改正後の初の行政処分となる。

クロノスは出会い系サイト「Perfume」を運営。2008年12月1日〜2009年1月14日、送信先の同意を得ず、同サイトのURLが記載された電子メール広告を450件以上送信した。

メールの送信を受けた相手方は、URLをクリックすることでPerfumeにリンク。同社は、同サイトでのサービスの提供を行うことで、会員らから対価を得ている。

今回経産省は、同社に対し、特定商取引法の違反行為であるオプトイン規制違反(承諾をしていない者に対する電子メール広告の提供の禁止)を認定。

今後、送信先の承諾を得ないで、電子メール広告が行われることがないよう徹底するよう、業務改善を同社に指示した。

※改正特定商取引法の電子メール広告規制部分が2008/12/1から施行され初の適用ですね。しかし業務改善指示で終わってます。これはチェック用のメアドで確認出来たとの事で業務改善を指示出来ましたが、確認出来ないと難しそうですし迷惑メールは一向に減ってません。

優良出会いサイト
■ラブサーチ 出会い評価A 人気NO1です。キューピットメールやチャット、日記機能のラブログなど充実してます。
■ハッピーメール 出会い評価A 女性向けの宣伝がすごいので大量新規会員が望めます。若手雑誌が多いので若い人が多そうです。
■恋のサーチエンジン 出会い評価A 真面目な恋人探しサイトで女性に優しいサイトです。評判いいです。

■相互TOPリンク集
まじめな出会いのリンク集 | 完全無料・優良出会い系サイト徹底比較!



Copyright (C)2009 出会い好きだ.com-本気でネット出会い評価サイト- All rights reserved.